ARKS501 ハーフクリップ → ディープタイプに交換

アークス購入以来ずっとMKSのハーフクリップを愛用しています。普通の靴で乗れる点、全く意識しなくても
いつでも外れる点など、街中でも気楽に乗れるところがお気に入りのポイントです。フィット感はヴィンディング
ペダルや革紐の付いた本格的なトゥクリップに比べると落ちますが、何も付けないフラットペダルとは比べも
のにならないぐらい良い感じで踏めます。自分の使い方ではこれで十分で、今やなくてはならないマストアイ
テムになっています(^-^)ただ、今までのノーマルタイプにはひとつだけ使い難いところがありました。ソール
の厚いジョギングシューズ系のスニーカーなどでは少し窮屈なんです。今回はその欠点を克服した”ディープ
タイプ”たる製品が発売されたことを知り導入しました。

↓ディープタイプには、つま先部分が黒革/茶色革/革なしの3種類あります。黒革はノーマルタイプにはなかったので飛びつきました!
d0113184_20464179.jpg


↓ノーマルタイプとの形状比較 見た目はノーマルタイプの方がシュッとしててカッコイイです。
d0113184_20465176.jpg


↓ソールが分厚いスニーカー(モデルはパトリックのマラソン)でも余裕でおさまります。つま先が革で覆われてるので傷も付きにくそう。
d0113184_2047437.jpg


まだそれほど距離乗ってないので詳しいインプレは避けますが、使い心地はなかなか良いです◎また気づいた点があればアップします☆
[PR]
by boku-chin | 2009-06-09 20:54 | ARKS 501
<< くやしい! ARKS 501 チェーン交換... >>