カテゴリ:ARKS 501-02( 19 )

ハブのメンテナンス

ARKS純正のJOYTECH製ハブは新車時から回転がいまいちだったんで、前からハブの中を覗
いてみたかったんですよ。ハブを開けるのは初めての試みです。ちょっとビビリながらではあり
ますが、ハブのグリスアップ、玉当り調整にチャレンジしてみました。もしかしたら回転が飛躍的
によくなるかも?という期待を持って・・・


↓もともとはこんな色のグリスが入ってます。質が良いか悪いかは分かりませんが見た目汚いです(>_<)
d0113184_033631.jpg

↓玉を取り出し古いグリスを奇麗に拭き取りました。球は片側に9個入ってました。
d0113184_034858.jpg

↓奇麗な緑色のデュラエースのグリスを塗って玉を元通りの状態に戻します。
d0113184_035834.jpg

玉当り調整はARKS-01号のXTハブの感触を参考にしつつ行いました。ちゃんとできてるか
どうかは疑問ですが、やる前に比べるとちょっとスムーズなったかな?という程度の変化で
した。結果、きっちりと整備してやってもXTハブのようには軽く回るようにはなりませんでした。
ハブのクオリティがJOYTECHとXTでは格段に違うようです。

今回の作業ではハブのクオリティーの違いを見せつけられる結果となりましたが、ハブは
定期的にメンテナンスが必要な箇所ですし良い経験になりました(次からはビビらず作業
できそうです)。今後ブロンプトンとかでもチャレンジしてみたいと思ってます。
[PR]
by boku-chin | 2009-01-11 00:22 | ARKS 501-02

チェーンノイズ

アークス1号はクランクを回している限りロードノイズ以外全くの無音、あずき2号は常時
ヂィィィィィ~という音が微かに聞こえてくる。チェーン、スプロケは共通なので疑わしきは
チェーンリングとRDのプーリーの2箇所。今回の仕様変更でチェーンリングをサンツアー
シュパーブプロ(8速用)→シマノ600(8速用)に変更したがノイズは消えなかった。音の
出所は、ほぼRDのプーリーに絞られてきた。

早速RDを分解してプーリーを掃除してみた。めっちゃ奇麗になったが音は消えず(-_-)
純正部品に拘るほどのディレーラーでもないし社外品のプーリーに交換してみようかと
検討中です。今のところBBBあたりが最有力候補。プーリーにも10/11Tとか歯数に
違いがあるんですね、知らんかった。

↓左が洗浄後、右が洗浄前 めっちゃ汚かったです^^;
プーリーはチェーンの汚れが蓄積されるところなんで定期的なメンテ必要ですね。
d0113184_19371328.jpg

[PR]
by boku-chin | 2008-09-16 19:38 | ARKS 501-02

ARKS-02号 クランク長変更 165MM → 167.5MM

坂道がちょっと楽になるかな?と期待しています。回転を稼ぐほどハードに走らない場合、上り坂やダンシングで有利(てこの原理により)な長めのクランクの方が使いやすいのでは?という判断です。2.5MMの微妙な違いに嫁さんが気づくかどうかわかりませんが、とりあえず、デザイン面でF・Rディレーラーと統一感がでました。←自己満足(^-^)
d0113184_1211735.jpg

↓左からFC-7410(170mm)、FC-6400(167.5mm)、FC-6207(165mm)
d0113184_1212847.jpg

[PR]
by boku-chin | 2008-07-04 01:26 | ARKS 501-02

スプロケ交換

赤アークスのリアディレーラーのキャバシティがいっぱいいっぱいだったので、 白アークスの
スプロケを移植しました。で、白アークス用には新しいスプロケを購入。同じ12-25ではおもし
ろくないし、12-21を踏む根性はないしで、12-23を選択しました。やっぱりクロスレシオになる
と変速がスムーズになりますね(^^)

白アークス
HG50-8S(12-25) ⇒ HG50-8S(12-23)

赤アークス
DNP-8S(11-28) ⇒ HG50-8S(12-25)
d0113184_14212752.jpg

↓左からHG50-8S(12-23)、HG50-8S(12-25)、DNP-8S(11-28)
d0113184_1417517.jpg

↓チェーンはお気に入りのCN-HG91に交換しました。外側の黒いチェーンは標準のKMC-Zチェーン。
HG91は見た目が綺麗なだけじゃなく走行音が格段に静かになります。やっぱりこのチェーンはいい!
d0113184_14164587.jpg

[PR]
by boku-chin | 2008-01-27 14:47 | ARKS 501-02

ARKS 501_02号 タイヤ交換 ⇒ IRC Roadlite EX(スキンサイド)

ついに手に入れました!高圧(100PSI)入るスキンサイドの451タイヤ!
現在メーカーは作ってない商品ですが、在庫を持ってる店を友達に教えてもらいました(^^)
まだ近所をちょい乗りした程度ですが、すごく軽快に走ります。タイヤ重量が軽量設計のステ
ルビオよりさらに軽いので、ひょっとしたらRoadliteの方が走りがいいかも?とちょっと期待し
ています♪ただ、トレッド、サイドとも凄く薄いので、ちょっとパンクが心配です。
d0113184_3444338.jpg

↓ステルビオ240gに対しRoadliteEXは210gと1本あたり30g軽いです。Roadliteの方が少し細いように思います。
【左:Stelvio 右:RoadliteEX】
d0113184_17195499.jpg

今日は寒かった(><)
[PR]
by boku-chin | 2008-01-13 17:27 | ARKS 501-02

ARKS 501_02号 ケーブル類 総替え

ディレーラーを新しくしたので、インナーケーブルを新しくすることに、

そうすると、アウターケーブルも新しくしたい、

そうすると、ブレーキワイヤーも・・・

と、いうことで、総替えということになりました^^;
d0113184_14345554.jpg

d0113184_14331646.jpg

d0113184_14332772.jpg

地味な作業ですが、結構大変なんですよ、これが。。またまた寝不足(><)
でも、ケーブルが新しくなると気分いいですね♪かかった部品代は1500円ほどでした。
[PR]
by boku-chin | 2008-01-11 14:36 | ARKS 501-02

ARKS 501_02号 ディレーラー交換 ⇒ shimano600シリーズ

フロント:FD050 ⇒ FD6401

  リア:ALTUS ⇒ RD6401

クランクに合わせて600シリーズ(旧アルテグラ)に変更しました。
標準のディレーラーに比べるとかなりコンパクトです。中古なんで
ところどころ傷がありますが、ピカピカではなく、いぶし銀のように
輝いてます☆完全に自己満足の世界です(^^)
d0113184_1104222.jpg

↓裏を見ると作りの違いがよくわかります。
d0113184_1262178.jpg

↓交換前
d0113184_1105253.jpg

↓交換後
d0113184_111112.jpg

[PR]
by boku-chin | 2008-01-10 01:15 | ARKS 501-02

shimano600

メカっぽくなくって、なかなか可愛らしいデザインです。
赤アークスにインストール予定です。その前にチェーンを
買いにいかないと。今度はKMCのX8にしようと思ってます。
d0113184_12231115.jpg

[PR]
by boku-chin | 2007-12-28 12:24 | ARKS 501-02

ARKS 501_02 コンフォート系タイヤに交換

前々からスキンサイド(サイド部分が肌色)のタイヤに交換したかったのですが、残念ながらア
フターマーケットでスキンサイドのタイヤは壊滅状態(><)そこで今回購入したのは、完成車に
よく付いてるKENDA KWESTというタイヤです。スポーツ走行には全く向かないタイヤですが、
赤ARKSのモディファイの方向性(コンフォート性重視!)に合ってる感じ?と思い、とりあえず
交換してみました。

↓上からCHENG SHIN、KENDA KWEST、SCHWALBE STELVIOです。
d0113184_2343532.jpg

↓【交換前】ホイール・タイヤとも真っ黒で、ちょっと極悪^^;
d0113184_2351062.jpg

↓【交換後】スキンサイドになり、ちょっと品が良くなった?
d0113184_2353360.jpg


指定空気圧の比較
CHENG SHIN     5.1bar - 5.8bar ←めっちゃ幅狭い!レーシングタイヤか!?
STELVIO        5.8bar - 8.4bar ←すんごい高圧入ります!
KENDA KWEST    2.8bar - 4.6bar ←ん~、もうちょっと高圧入ってほしい!

各タイヤの特長
CHENG SHIN 意外と高バランスだが・・・
トレッド・サイドともに肉厚でかなり重いです。しかし、5.8barとそこそこ高圧入るので実際の走
りは意外にも軽いです。ステルビオより丈夫でKENDAより軽快といった感じで、今回の3種類
の中では最もバランスのとれたタイヤと言えるかもしれません。しかし、このタイヤには隠れた
難点があります。サイドがめっちゃ固いんです!タイヤを組む際、なかなかリムに入りません。
今回のタイヤ交換で親指に大きな豆ができました(;_;)

SCHWALBE STELVIO やっぱり、451スポーツタイヤの代表格!
CHENG SHINタイヤとは逆にトレッド・サイドとも超うすうす軽量設計です。高圧まで入るので
走りも軽快です。グリップもそこそこ良いです。実売1本2500円~3000円の価格も性能を考
えると納得のいくところです。タイヤの性能とは関係ないですが、置いてる店が多いので、なん
かあったときに便利です。

KENDA KWEST スポーツ走行には不向き!
トレッド面は肉厚でサイドは普通です。このタイヤの特長はなんといってもトレッドの幅!
STELVIOと同じサイズとは到底思えません^^;なので、ホイールに組み込むと見事に
ドーナツ状になります。トレッドの形状もSTELVIOが”V”ならKENDA KWESTは”U”と
いった感じです。最大許容空気圧も4.6barと低くスポーツ走行には向きません。耐久性
・乗り心地重視のタイヤだと思われます。

長々と勝手なインプレさせてもらいましたが、CHENG SHINやKENDA KWESTは標準装着
タイヤなんで、僕のように後からわざわざ交換する人は特殊かもしれません^^;一般的な20
インチ(451)サイズの選択肢としては、SCHWALBE-STELVIO、PRIMO-COMET、IRC-
ROADLITEの3種類になるのではないでしょうか。PRIMOは使ったことがないのでよく知りま
せんが、高価なんでパス、コストパフォーマンスを考えるとやはりSTELVIOが一番いいように
思います。個人的にはIRC-Roadliteのスキンサイドの復活を密かに待っているのですが。。。
[PR]
by boku-chin | 2007-12-26 23:25 | ARKS 501-02

タイヤ交換

ん~どれにしよ?
d0113184_284240.jpg

[PR]
by boku-chin | 2007-12-23 02:09 | ARKS 501-02