カテゴリ:ARKS 501( 63 )

ARKS 501(白)  アウター受け交換

ARKS501はカンチブレーキなのでアウターケーブルを固定する台座が必要です。所謂
アウター受けという部品です。標準のものは黒色で気に入らなかったし錆がでてたので
DIA-COMPE製のものに交換しました。パーツ代は200円也。

↓右の黒い方が標準のアウター受け、左が今回購入したDIA-COMPE製。
d0113184_7485837.jpg

↓交換するにはステムを抜かないとできないので結構手間がかかります。ブレーキのインナーワイヤーも交換が必要です。
ロックナットは緩々でした。こういう部分は定期的な点検が必要ですね^^;
d0113184_751580.jpg

↓突起部分が少し出っ張り過ぎだったので少しヤスリで削りました。
d0113184_7543242.jpg

↓完成です。全部シルバーになってスッキリしました(^^)
ちなみに現行のARKS501(07以降?)は最初からシルバーです。
d0113184_7573335.jpg

[PR]
by boku-chin | 2008-03-02 08:02 | ARKS 501

なぜ今どきWレバー!?

現代のフェラーリのパドルシフトより、床からにょきっと生えた棒に魅力を感じるんです(^-^)
ハンドルから手を離さずにシフトできるパドルシフトやSTIの方が便利で速いことは分かっ
てるんですが・・・^^;
d0113184_1617298.jpg

d0113184_035232.jpg

[PR]
by boku-chin | 2008-01-24 00:36 | ARKS 501

スローパンクの原因

空気の減りが激しい!

けど、チューブのどこにも穴が開いてる形跡がない!

ずっ~と悩んでいました。

犯人はこいつでした!
[PR]
by boku-chin | 2008-01-14 03:31 | ARKS 501

ARKS501 ネオクラッシックミニレーサー【詳細】

d0113184_2120167.jpg

↑サドルをBROOKS B17 Narrowに交換
ブロンプトンに付けたB17 specialに比べると細く硬いです。痛いのでは?と少し心配しました
が、意外にもこちらの方が快適です。ARKSは前傾ポジション(ハンドルの方にも荷重がかか
る)なせいだと思います。とにかく前に使ってたアリオネとは比較にならないくらい楽ちんです♪
ロード系スポーツサドルはどうも苦手です(>_<)
d0113184_21201742.jpg

↑◆コットン製バーテープに交換
今まではコルク入りの分厚いテープを使ってたのですが、今回はスタイル優先で昔ながらの
コットンタイプを選びました。細身のクロモリフレームには細身のコットンテープが似合うでしょ
(^-^)クッション性がほとんどないので乗り心地は悪くなりましたがグローブをすれば問題の
ないレベルです。ちょっと気になるのはテープが全く余らなかったこと。ブルホーンなのに・・・

↑◆ブルホーンのサイズを変更(NITTO RB-018 390mm ⇒ 420mm ⇒ 400mm)
390mmでは狭すぎて乗りにくい、420mmではミニベロのスタイルを損なう、ちょっと遠回り
しましたが、自分には400mmがベストサイズと結論がでました。なかなか良い感じです(^-^)
d0113184_21205825.jpg

サドルとバーテープでガラッと印象が変わるもんですねぇ。クルマもバイクもそうなんですが、
いつも最新モデルよりちょっと古くさ~い感じのものに興味が沸いてくるんですよ。歳の割りに
おじん臭いのかも(^^;
[PR]
by boku-chin | 2007-11-29 21:28 | ARKS 501

ARKS 501 ネオクラッシックミニレーサー

ちょこっとイメチェンです。詳細は後日に・・・
d0113184_1675433.jpg

[PR]
by boku-chin | 2007-11-26 16:09 | ARKS 501

5mmの差

同じ自転車でもセッティングを変えると全く別物の自転車になる?

シート高、ステム長、ハンドル幅とかは、ポジションの問題なんでわかりやすいですが、
クランク長ってどうなん?って、交換するまでは思ってました。白501が170mm、赤501
が165mmと、たった5mmの差しかありません。
これがおもしろいことに実際漕いでみると感覚はだいぶ違います。170mmに慣れた僕が
165mmを踏むと、かなり違和感を感じます。慣れの問題も大きいので、どの長さがベスト
かは難しいところですが、5mmの差が体感できる自転車って、ほんとおもしろい(^^)
d0113184_11184642.jpg

[PR]
by boku-chin | 2007-11-12 11:19 | ARKS 501

ARKS 501 ホイール交換 ⇒ ALEX R390 & XT

夏ごろから注文していたホイールがやっと組みあがりました。shimano-XTコンポが、
この9月にフルモデルチェンジしたのでハブの入荷を楽しみに待っていました。別に
ARKS2号に対抗意識を燃やして急遽購入したわけじゃないですよ(^^)
d0113184_1513495.jpg

d0113184_152847.jpg

XTハブの変更点(シマノのHPより)
軽量設計:FH-M775(-39g)、HB-M775(-10g) *目標重量による前モデル比
・ オーバーサイズ軸 : 14mm(HB/FH-M775)
・ 素早い駆動力の伝達を可能にするフリーハブボディ : 爪がかかるまでの角度を減少
・ センターロック・ローターマウント(HB/FH-M775、HB-M776)
・ バリエーション:スポークホール数 32/36H

重量比較
カタログデータによるとXTハブは前モデルより少し軽量に仕上がっているようです。
家庭用の体重計にホイールごと乗せてみました。
(  )内は、ARKS501標準ホイール すべてQR込みです。

フロント:0.8KG(0.8KG) / リア:1.0KG(1.2KG)

標準のスポークは鉄製(現行モデルはステンレス)なんで、かなり重たいと思ってたのですが、
実際に測ってみるとフロントは全く同じ、リアも200Gの差でしかありませんでした。リアだけ
違うということは、フリーボディの差かな?

走行比較
重さも同じなんで、踏み込みが軽いとか、そういうことは感じませんが、明らかに違うのは
フリーハブ!ジィィ~という心地よいラチェット音を奏でながら実によく転がります(^^)
そのあたりは、標準のJOYTECH製のハブよりいい感じです。

ハブの選択肢
ARKSのリアのエンド幅は135mmなんで、ロード用の130mmハブは合いません。
シマノのハブならカプレオかMTBコンポから選択することになります。XTRはブラック
しかないし、カプレオは専用スプロケと9速用のシフターが必要になってくるので、消去
法でXTに決めました。

リムの選択肢
お金を出せば他にも451サイズのリムはあるでしょうが、コストパフォーマンスを考えると
ALEXR390以外選択肢は無いように思います。

スポークの組み方
フロントはスタイル重視でラジアルにしようかとも考えたのですが、乗り心地や耐久性を優先
して前後とも一般的なタンジェントで組んでもらいました。

まとめ
標準のホイールが意外にも軽かったので少しショックですが、ハブの転がり性能やQRの精度
なんかを考えると、やっぱり交換してよかったかと思います。それにホイールが変わると自転車
全体の高級感があがるように思います。人間のお洒落でも靴が重要なように自転車も足元を固
めることが大切なのかもしれませんね(^^)
[PR]
by boku-chin | 2007-11-06 01:58 | ARKS 501

ハンドル幅変更 ファーストインプレッション☆

前に記事にしたとおり、ハンドル幅は肩幅に合わすのが基準らしいです。ARKS1号に
付けてるのは、390MM幅のNITTO RB018ブルホーンバー。自分の肩幅を考えると
ちょっと狭い感じです。で、390MMを2号用にして、新しく購入した420MMを1号にセッ
トしました。←計画的犯行
d0113184_17364289.jpg

ファーストインプレッション
30MM(390MM⇒420MM)の違いは予想以上に大きかったです。かなり乗り味が
変わります。一言でいうと、直進安定性が良くなりました。まだ数十キロしか走って
ないので、どちらが自分に合ってるのかはよくわかりませんが、とりあえずハンドル幅
=肩幅に近づいたのは間違いありません。ロング走った場合にどうかというところを
またインプレしたいと思います(ロングといっても僕の場合50キロ程度ですが^^;)。
あ、miharaさんが懸念されてたハンドルの撓りは全く問題なかったです。NITTO-
RB018
は、焼き入れ処理されてるので強度があるのかもしれません。

走りとスタイルのバランス
おそらく、420MMの方が自分の体格に合ってると思うのですが、見た目のスタイルは
390MMの方が断然かっこいいです。特にミニベロには短いハンドルが似合うように思い
ます。と、なると、400MMぐらいが走りとスタイリングの妥協点かな!?と思ったりして^^;
[PR]
by boku-chin | 2007-10-31 17:44 | ARKS 501

ARKS501 ハンドル幅変更

ハンドル幅は、肩幅、肩幅+αで合わすのが基準らしいです。そんなことは知らず、もともと
付いてたドロップの幅と同じ390mmを付けていました。基準値からすると、自分には390mm
の幅は少し狭すぎます。調べてみると、NITTO RB018には、380,390,400,420と4サイ
ズの設定がありました。390mm→400mmでは、交換してもほとんど違いに気づかないだ
ろうから、いちばん幅の広い420mmを購入しました。交換作業は、少し先になりそうですが、
またインプレしまーす。
d0113184_15341624.jpg

人馬一体感!
遊び感覚で乗るミニベロであっても、ステム長、ハンドル幅、クランク長あたりは、少し
拘りを持って決めたい部分ですね。少し変えるだけで、すごく乗りやすくなったりします。
ARKSは、自分だけの1台を作りやすいのでいいです(^-^)

(↓ネットの情報によると)
【ハンドル幅が狭い】
空気抵抗は減少するけど操縦性が悪かったり、胸を開かない分、呼吸面でロスがある。
ケイデンス重視で走るのに向いている。

【ハンドル幅が広い】
ダンシングなどの際、バイクを左右に振りやすい。長距離などでは、肩や背中が痛くなる。
トルクをかけた乗り方に向いている。
[PR]
by boku-chin | 2007-10-06 15:45 | ARKS 501

「関西発=ミニベロ新・子牛のススメ♪...」

う、うちの子牛が!紹介されるとは聞いてましたが。
なんか嬉しいですね(^-^)
↓Historic gallery→Touring Report 2007/5/22の記事です。
http://www.jitensya-kobo.com/
d0113184_18591747.jpg

[PR]
by boku-chin | 2007-09-20 19:00 | ARKS 501