「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

BROMPTON 付属ポンプ

米式専用かと思ってたら普通のポンプ同様、中身をひっくり返したら仏式用になるみたい。新しいの買わずに済んでよかった(^-^)
d0113184_23334313.jpg

ちょっとコレも気になりますが。。買いませんよ!
[PR]
by boku-chin | 2009-06-28 23:37 | 自転車関連グッズ

シフター インデックス OR フリクション

フリクションタイプ(カチカチと位置決めがない)のシフターに憧れてアークスには旧いサンツアーのシフターを
使っていたんですが、最近細かいギアチェンジをしていない自分に気づきました。クルマ、バイク、そして自転
車でもこのギアチェンジという作業が大好きな自分なのに。。フリクションタイプのシフターでギアをパシッと決
めるのは、ほんと難しいです。ポルシェシンクロをヌメッと決めるほうがよっぽど簡単。
d0113184_23112524.jpg

標準で付いてたサンレースのシフター(8Sインデックスタイプ)に戻しました。これでまたガンガン大好きなシフトチェンジができます(^-^)♪
d0113184_23113517.jpg

[PR]
by boku-chin | 2009-06-27 23:16 | ARKS 501

一生モノ

巷で最強の組み合わせと噂されるSILCA SUPER PISTA & HIRAME PumpHeadです。
『オールフレンチ化』を記念して導入しました。空気入れにしては少々高価ですが、こういうモノはいずれ我慢
できずに買ってしまう(ペンタクリップのようにね)と思うので、早く買った方が得!と、自分を言い聞かせおもい
きって買いました。
d0113184_21132244.jpg

↓日本が世界に誇る逸品、ヒラメのポンプヘッド!見た目も性能も最高です☆☆☆
d0113184_21133394.jpg

↓本体の空気圧計はそこそこ正確な値を示します。イタリア製なんでまだまだ油断はできませんがね^^;
d0113184_21134799.jpg

↓愛用のPanaracerの空気圧計 減圧ボタンが付いているので少し多めに空気を入れたあとプシュプシュと減圧させて使います。これも一生モノ☆
d0113184_2114249.jpg

”最強の組み合わせ”と言われるだけあって、嘘のように楽に空気が入ります。今までめんどくさいだけだった空気入れが楽しくなりそう(^-^)
[PR]
by boku-chin | 2009-06-21 21:22 | 自転車関連グッズ

ギドネットレバー

ブルホーン&ドロップレバーの戦闘的なスタイルも気に入っていたのですが、今回は自転車工房さんのオリ
ジナルパーツを使いブレーキレバーをクラシカルなギドネットレバーに変更しました。ミニベロはパーツ交換に
よりいろんな自転車に変身できておもしろいです。ダイヤモンドフレームのミニベロの場合、700Cロードの
ミニベロ版ではない、あくまでも”ミニベロ”という遊び自転車風の雰囲気が個人的な好みです☆
d0113184_17432865.jpg

↓左右ペアで134gと非常に軽量にできています(今まで使っていたDIA COMPE287はペアで260g)。
仕上げもアルミポリッシュでなかなか綺麗☆☆☆
d0113184_17434085.jpg

↓シンプルなワイヤー回り。取り回しに少々無理のあるブルホーン&ドロップレバーに比べ引きが軽くなりました。バーテープは再利用^^;
d0113184_17435414.jpg

試乗インプレッション!
ハンドリングが予想以上によくなりました。ワイヤーの引きが軽くなる、どのポジションからでもブレーキング
できる、といったことは予想していた通りなんですが、前に比べてハンドリングが少し軽快になった気がしま
す。ハンドルの最先端を握れるようになったからそう感じるのか?もしくは、今までハンドル先端に付いてた重
量物(ブレーキレバー)がなくなったからか?理由はまだよく分かりませんが乗っててより楽しくなりました♪
この自転車は飽きませんわ(^-^)
[PR]
by boku-chin | 2009-06-20 18:01 | ARKS 501

オールフレンチ化

ブロンプトンのバルブを米式→仏式に変更しました。以前より自転車に米式バルブっていうのがあまり好き
ではありませんでした。自転車の華奢なリムにクルマやバイクに使われている米式バルブはちょっとハード過
ぎるというか、なんとなく野暮ったい感じがするんですよ。機能上はそれぞれ利点・欠点ありますが、見た目は
仏式が断然シャープでカッコイイと思ってます。
d0113184_20471026.jpg

実はフレンチ化のきっかけになってくれたこんな事件がありました。
ある日の朝、ブロンプトンで出かけようと空気を入れてると、”ブッシュー・・・”という大きな音と共にタイヤが
ぺしゃんこに。しかもリアタイヤ^^;その日は修理を諦めストライダででかけました。後日、バラしてみると、
↓写真のようにバルブの根元がパックリと割れてました。小径車の場合、空気入れのバルブヘッドのスペー
スが小さくなるのでどうしても根元の部分にストレスがかかりやすいです。フレンチ化によりこういったトラブ
ルリスクは少し軽減するかな?ということもありフレンチ化に着手です!
d0113184_20472016.jpg

ただ、米式→仏式にするにはひとつだけ問題があります。米式対応のリムに細い仏式バルブをそのまま入れ
るとブカブカになってしまうんです。そこで登場するのが、↓写真の変換アダプターです。これはリム裏側から
はめ込む方式なのでリジットにカッチリと付いてくれます。以前アークスの純正リムにはNTスペーサーという
リムの表から塞ぐネジ式のものを使っていましたが、こちらの方が良いと思います(リムの形状により使えな
い場合があるかもしれないのでご注意ください)。ブロンプトンのような平リムのシングルウオールでは問題あ
りませんでした。
d0113184_2047332.jpg

そうなるともう止まりません!同じ変換アダプターを使いストライダも仏式バルブに変更。tomoさんチューブ
おおきにです(^O^)/これで我家の自転車は息子のJr.MTBを除き”オールフレンチ化”されました(^-^)
d0113184_20481231.jpg

そうなると、欲しくなるもんがあるんですよねぇ~。それについては、また次回紹介しまーす☆
[PR]
by boku-chin | 2009-06-18 20:53 | 自転車関連グッズ

ブロンプトン シフト系メンテナンス

シフトワイヤーの戻りが少し悪くなってきたのでメンテしました。シフト系統は買ってから1度もメンテしてませんでした^^;
d0113184_0592767.jpg

①アウターワイヤー内部にクレ556を噴霧
②シフター本体の可動部分にクレ556を噴霧
③インナーワイヤーを*シマノ製に交換し表面を軽くグリスアップ

メンテナンスといってもたったこれだけの作業ですが、かなりフィーリングよくなりましたよ。特にワイヤーの戻
る側(1→2、2→3)がカチッ!カチッ!と気持ちよく決まるようになりました。だいぶワイヤーが伸びてたんで
しょうね。
d0113184_0595498.jpg

*シマノ製インナーワイヤーのタイコ部分は、ブロのシフター(TORPEAD)には大きすぎて入らないので、
予めBICHITERMINIの宮崎さんに削っといてもらいました。いつもおおきに(^-^)
[PR]
by boku-chin | 2009-06-17 01:04 | Brompton

ブロンプトン やぐら(軽快車用/純正ペンタクリップ)

前回の記事で軽快車用のやぐらでも問題ないという意見が多かったのでちょっと調べてみました。

ノギスで計測してみると、シートポストの外径、やぐらの内径ともほぼ同じでした。寸法からいうとブロンプトン
に軽快車用のやぐらを使用しても何ら問題なさそうです。どうも失礼しました(^^ゞ

では、僕のブロンプトンのサドルが何故回ったか?考えられる可能性として、

・やぐらの個体差
・締め付け方が悪い
・輪行時にサドルを持って持ち上げることがあるので緩みやすい

あたりが考えられます。

逆に何故ペンタクリップがパシッ!と気持ちよく固定できるのか?についても考えてみました。↓取り付け部分
をよく見るとペンタクリップの方がシートポストに接する部分が広いことが分かります。おそらくそのせいで軽く
締めてもきっちり固定できるんやと思います。
d0113184_23394845.jpg

↓このようにプレートが組み合わさった構造で前後の角度調整は無段階にできます。このへんもまたすばらしい!
d0113184_23395917.jpg

結論
ブロンプトンに軽快車用のやぐらは使えます。ただし、サドルを頻繁に上げ下げしたり、サドルを持って
運んだりする機会が多い人は取り付け部が緩みやすいのでペンタクリップで確実に固定した方が安心です。
あと、この美しさに魅了された方はもう普通のやぐらには戻れません!どうぞ諦めてご購入ください(^^)
[PR]
by boku-chin | 2009-06-11 23:47 | Brompton

くやしい!

何が???
d0113184_20493357.jpg


コレが・・・
[PR]
by boku-chin | 2009-06-10 20:57 | Brompton

ARKS501 ハーフクリップ → ディープタイプに交換

アークス購入以来ずっとMKSのハーフクリップを愛用しています。普通の靴で乗れる点、全く意識しなくても
いつでも外れる点など、街中でも気楽に乗れるところがお気に入りのポイントです。フィット感はヴィンディング
ペダルや革紐の付いた本格的なトゥクリップに比べると落ちますが、何も付けないフラットペダルとは比べも
のにならないぐらい良い感じで踏めます。自分の使い方ではこれで十分で、今やなくてはならないマストアイ
テムになっています(^-^)ただ、今までのノーマルタイプにはひとつだけ使い難いところがありました。ソール
の厚いジョギングシューズ系のスニーカーなどでは少し窮屈なんです。今回はその欠点を克服した”ディープ
タイプ”たる製品が発売されたことを知り導入しました。

↓ディープタイプには、つま先部分が黒革/茶色革/革なしの3種類あります。黒革はノーマルタイプにはなかったので飛びつきました!
d0113184_20464179.jpg


↓ノーマルタイプとの形状比較 見た目はノーマルタイプの方がシュッとしててカッコイイです。
d0113184_20465176.jpg


↓ソールが分厚いスニーカー(モデルはパトリックのマラソン)でも余裕でおさまります。つま先が革で覆われてるので傷も付きにくそう。
d0113184_2047437.jpg


まだそれほど距離乗ってないので詳しいインプレは避けますが、使い心地はなかなか良いです◎また気づいた点があればアップします☆
[PR]
by boku-chin | 2009-06-09 20:54 | ARKS 501

ARKS 501 チェーン交換 → KMC-X8

アークスをブログに登場さすのは久々ですが、普段この自転車にいちばんよく乗ってます。ある程度距離を
走ると別に不具合がなくてもブレーキパッドやチェーンなど消耗が激しいであろうパーツが気になってきます。
今回は前から欲しかったKMC-X8というチェーンが手に入ったので交換することにしました。ワンタッチで取
り外せるミッシングリンクが標準で付いてるところがこのチェーンの魅力的なところです。値段も今まで使って
たシマノHG-91より1000円近く安いです。

↓ミッシングリンクにより工具など必要なく手でワンタッチで取り外せます。ビックリするぐらい簡単に外れます。
d0113184_1974856.jpg

↓せっかくなのでチェーンリング、スプロケ、RDのプーリー、チェーンの接する部分はすべて分解洗浄しました。
d0113184_198227.jpg

↓ピカピカになりました。たまにこういう大掃除をすると気持ちいいです(^-^)
d0113184_1981377.jpg

これからは何の躊躇いもなくチェーン取り外して洗浄できます。チェーン切って繋ぐのって、なんか罪悪感みたいなもん感じません?
[PR]
by boku-chin | 2009-06-06 19:16 | ARKS 501