「ほっ」と。キャンペーン

マディフォックスのパーツ 【クランク】

久々の更新です^^;これから暫くはマディフォックスのパーツを一つずつアップしていく予定です。

初期のマディフォックスには、Super Maxyというスギノ製の5PINクランクが付いていました。軽さや剛性は
今のクランクに比べると落ちるのかもしれませんが、そんなことどうでもいいです。5PINならではのシャープ
なデザイン、もう最高です☆☆☆
d0113184_20354136.jpg

↓165MMと180MMの2セットあるのですが、身長174CMの自分にはどっちもどっちな感じです。今のところ少し短めの165MMを使おうと思ってます。
d0113184_20355576.jpg

↓ギア板も50-44-36/48-40-32の2セットありますが、オリジナルに合わせて後者の組み合わせでいく予定。
d0113184_20361167.jpg

↓年代もんなんで、紙やすりと真鍮ブラシで汚れや錆びを落として、仕上げはMOTHERSのポリッシュでせっ
せと磨きます。ビス類も綺麗にしたいところですが、小さい部品なんでなかなか難しそう。デッドストック品を探
した方が早そうです。
d0113184_20362264.jpg

次回はBB(ボトムブラケット)を紹介します。ちょっと特殊なサイズなんで探すのに苦労しましたが、なんとか手に入りました(^-^)
[PR]
# by boku-chin | 2009-08-10 20:41 | Muddy Fox

ARAYA レストア始動

まずはフレームの全塗装です。普通に塗るだけなら板金屋に直接持って行ってもいいのですが、
今回は、ヘッドマーク、デカール、ステッカーに至るまで忠実にオリジナルに復元したいので、プロ
に任せました。こういうとき頼りになるのがBiciTerminiさんです。表向きは小径車の店ですが、
店主の宮崎さんは古いMTBにも精通しており安心して任せれます。
d0113184_963357.jpg

せっかくなので体重測定。フレーム+Fフォーク+ヘッドセットでジャスト4.0KG(測定は自宅の体重計) !
MTBのフレームとしてはなかなか軽量にできてます。丹下チャンピオン モトクロス バテットチューブの
ステッカーは伊達じゃないですね(^-^)
[PR]
# by boku-chin | 2009-07-23 09:07 | Muddy Fox

MTBにHAMAX

強固なフレーム、たっぷりとしたエアボリュームのタイヤ、ワイドなハンドル、すんごい安定感です。
これに慣れるとミニベロ&HAMAXは辛いなぁ。
d0113184_212047100.jpg

よく見るとHAMAXっておもろい顔してる。
[PR]
# by boku-chin | 2009-07-18 21:25 | Muddy Fox

新しい道

歩道の横にあるちょっとしたオフロード。ここは、ミニベロやブロンプトンで何回も通ってるとこなんですが、
今までこんな道があるなんて全く気づきませんでした。今までは横の歩道のさらに横の車道を高圧激細
タイヤでグイグイ走ってたから当然です^^;
今まで鬱陶しいだけやった歩道の段差や障害物もMTBなら問題なしです。いや、むしろ楽しいです♪道に
落ちてる枯葉や枝なんかを無理矢理踏んづけて走ってしまいます。←そういえば息子がよくやってるわ
d0113184_21125632.jpg

MTBって市街地でも楽しめる自転車みたい☆レストアにかかると当分乗れなくなるのがちょっと残念(-_-)
[PR]
# by boku-chin | 2009-07-16 21:16 | Muddy Fox

BROMPTON 付属ポンプ

米式専用かと思ってたら普通のポンプ同様、中身をひっくり返したら仏式用になるみたい。新しいの買わずに済んでよかった(^-^)
d0113184_23334313.jpg

ちょっとコレも気になりますが。。買いませんよ!
[PR]
# by boku-chin | 2009-06-28 23:37 | 自転車関連グッズ

シフター インデックス OR フリクション

フリクションタイプ(カチカチと位置決めがない)のシフターに憧れてアークスには旧いサンツアーのシフターを
使っていたんですが、最近細かいギアチェンジをしていない自分に気づきました。クルマ、バイク、そして自転
車でもこのギアチェンジという作業が大好きな自分なのに。。フリクションタイプのシフターでギアをパシッと決
めるのは、ほんと難しいです。ポルシェシンクロをヌメッと決めるほうがよっぽど簡単。
d0113184_23112524.jpg

標準で付いてたサンレースのシフター(8Sインデックスタイプ)に戻しました。これでまたガンガン大好きなシフトチェンジができます(^-^)♪
d0113184_23113517.jpg

[PR]
# by boku-chin | 2009-06-27 23:16 | ARKS 501

一生モノ

巷で最強の組み合わせと噂されるSILCA SUPER PISTA & HIRAME PumpHeadです。
『オールフレンチ化』を記念して導入しました。空気入れにしては少々高価ですが、こういうモノはいずれ我慢
できずに買ってしまう(ペンタクリップのようにね)と思うので、早く買った方が得!と、自分を言い聞かせおもい
きって買いました。
d0113184_21132244.jpg

↓日本が世界に誇る逸品、ヒラメのポンプヘッド!見た目も性能も最高です☆☆☆
d0113184_21133394.jpg

↓本体の空気圧計はそこそこ正確な値を示します。イタリア製なんでまだまだ油断はできませんがね^^;
d0113184_21134799.jpg

↓愛用のPanaracerの空気圧計 減圧ボタンが付いているので少し多めに空気を入れたあとプシュプシュと減圧させて使います。これも一生モノ☆
d0113184_2114249.jpg

”最強の組み合わせ”と言われるだけあって、嘘のように楽に空気が入ります。今までめんどくさいだけだった空気入れが楽しくなりそう(^-^)
[PR]
# by boku-chin | 2009-06-21 21:22 | 自転車関連グッズ

ギドネットレバー

ブルホーン&ドロップレバーの戦闘的なスタイルも気に入っていたのですが、今回は自転車工房さんのオリ
ジナルパーツを使いブレーキレバーをクラシカルなギドネットレバーに変更しました。ミニベロはパーツ交換に
よりいろんな自転車に変身できておもしろいです。ダイヤモンドフレームのミニベロの場合、700Cロードの
ミニベロ版ではない、あくまでも”ミニベロ”という遊び自転車風の雰囲気が個人的な好みです☆
d0113184_17432865.jpg

↓左右ペアで134gと非常に軽量にできています(今まで使っていたDIA COMPE287はペアで260g)。
仕上げもアルミポリッシュでなかなか綺麗☆☆☆
d0113184_17434085.jpg

↓シンプルなワイヤー回り。取り回しに少々無理のあるブルホーン&ドロップレバーに比べ引きが軽くなりました。バーテープは再利用^^;
d0113184_17435414.jpg

試乗インプレッション!
ハンドリングが予想以上によくなりました。ワイヤーの引きが軽くなる、どのポジションからでもブレーキング
できる、といったことは予想していた通りなんですが、前に比べてハンドリングが少し軽快になった気がしま
す。ハンドルの最先端を握れるようになったからそう感じるのか?もしくは、今までハンドル先端に付いてた重
量物(ブレーキレバー)がなくなったからか?理由はまだよく分かりませんが乗っててより楽しくなりました♪
この自転車は飽きませんわ(^-^)
[PR]
# by boku-chin | 2009-06-20 18:01 | ARKS 501

オールフレンチ化

ブロンプトンのバルブを米式→仏式に変更しました。以前より自転車に米式バルブっていうのがあまり好き
ではありませんでした。自転車の華奢なリムにクルマやバイクに使われている米式バルブはちょっとハード過
ぎるというか、なんとなく野暮ったい感じがするんですよ。機能上はそれぞれ利点・欠点ありますが、見た目は
仏式が断然シャープでカッコイイと思ってます。
d0113184_20471026.jpg

実はフレンチ化のきっかけになってくれたこんな事件がありました。
ある日の朝、ブロンプトンで出かけようと空気を入れてると、”ブッシュー・・・”という大きな音と共にタイヤが
ぺしゃんこに。しかもリアタイヤ^^;その日は修理を諦めストライダででかけました。後日、バラしてみると、
↓写真のようにバルブの根元がパックリと割れてました。小径車の場合、空気入れのバルブヘッドのスペー
スが小さくなるのでどうしても根元の部分にストレスがかかりやすいです。フレンチ化によりこういったトラブ
ルリスクは少し軽減するかな?ということもありフレンチ化に着手です!
d0113184_20472016.jpg

ただ、米式→仏式にするにはひとつだけ問題があります。米式対応のリムに細い仏式バルブをそのまま入れ
るとブカブカになってしまうんです。そこで登場するのが、↓写真の変換アダプターです。これはリム裏側から
はめ込む方式なのでリジットにカッチリと付いてくれます。以前アークスの純正リムにはNTスペーサーという
リムの表から塞ぐネジ式のものを使っていましたが、こちらの方が良いと思います(リムの形状により使えな
い場合があるかもしれないのでご注意ください)。ブロンプトンのような平リムのシングルウオールでは問題あ
りませんでした。
d0113184_2047332.jpg

そうなるともう止まりません!同じ変換アダプターを使いストライダも仏式バルブに変更。tomoさんチューブ
おおきにです(^O^)/これで我家の自転車は息子のJr.MTBを除き”オールフレンチ化”されました(^-^)
d0113184_20481231.jpg

そうなると、欲しくなるもんがあるんですよねぇ~。それについては、また次回紹介しまーす☆
[PR]
# by boku-chin | 2009-06-18 20:53 | 自転車関連グッズ

ブロンプトン シフト系メンテナンス

シフトワイヤーの戻りが少し悪くなってきたのでメンテしました。シフト系統は買ってから1度もメンテしてませんでした^^;
d0113184_0592767.jpg

①アウターワイヤー内部にクレ556を噴霧
②シフター本体の可動部分にクレ556を噴霧
③インナーワイヤーを*シマノ製に交換し表面を軽くグリスアップ

メンテナンスといってもたったこれだけの作業ですが、かなりフィーリングよくなりましたよ。特にワイヤーの戻
る側(1→2、2→3)がカチッ!カチッ!と気持ちよく決まるようになりました。だいぶワイヤーが伸びてたんで
しょうね。
d0113184_0595498.jpg

*シマノ製インナーワイヤーのタイコ部分は、ブロのシフター(TORPEAD)には大きすぎて入らないので、
予めBICHITERMINIの宮崎さんに削っといてもらいました。いつもおおきに(^-^)
[PR]
# by boku-chin | 2009-06-17 01:04 | Brompton